内容証明/告訴状・告発状/慰謝料請求


行政書士ノック法務事務所


トップページ 内容証明 告訴状・告発状 慰謝料請求 起業・創業 料金表 お問合せ
 

  不倫・浮気相手に対する慰謝料の請求


         不倫や浮気に泣き寝入りしていませんか


不倫 浮気 慰謝料



  -離婚をしなくても慰謝料の請求はできます-
                        もちろん、離婚の場合でも慰謝料の請求はできます。


不倫・浮気相手に対する慰謝料請求の根拠は何?
まず、慰謝料とは、損害賠償の中で
精神的な苦痛に対するもの
を言います。
男女間で何かトラブルがあった時は専ら精神的な苦痛が原因で損害賠償を請求することが多いため、
世の中では、男女のトラブル=慰謝料   ということが定着しているのです。

さて、不倫や浮気は配偶者に対しての不貞な行為であります。
不貞な行為は不法行為です。
そして
不倫や浮気は1人ではできません。必ず相手がいます。

不倫や浮気相手に対する慰謝料請求の根拠は以下の法律にあります。

●不貞な行為は不法行為→
(不法行為による損害賠償請求)
民法第709条
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害したものは、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。


●精神的な苦痛に対するもの→
財産以外の侵害の賠償)
民法第710条
他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。


●不倫や浮気は1人ではできません。必ず相手がいます。→
共同不法行為者の責任)
民法第719条
 数人が共同の不法行為によって他人に損害を加えたときは、各自が連帯してその損害を賠償する責任を負う。共同行為者のうちいずれの者がその損害を加えたかを知ることができないときも、同様とする。
2 行為者を教唆した者及び幇助した者は、共同行為者とみなして、前項の規定を適用する。



慰謝料はいくら請求できる?
一般的な相場は200万円〜300万円くらいですが、これはケースバイケースです。
詳しくは当事務所の無料相談をご利用下さい。
不倫や浮気の期間・どちらから積極的にアプローチしたのか・社内での不倫、浮気であれば上司と部下の関係なのか。など、慰謝料算定の根拠は様々です。
しかし、不倫や浮気が事実であるならば慰謝料0円ということはまずないでしょう。


どのように慰謝料を請求するのか?
人に対して何かを請求する場合

1、話し合いで解決する。
2、裁判で解決する。

大きく分けると2種類があります。
2、の裁判で解決する場合、不倫・浮気相手がこちらに精神的ダメージを与えたということを証明しなくては裁判に勝てません。確たる不倫・浮気の証拠がなければ裁判では証明する側が負ける確率が非常に高いのが現実です。また、解決までに時間がかかり、費用もかさむ点でもデメリットです。しかし、相手方が慰謝料請求を認めず、こちらとしてはどうしても慰謝料請求したいのであれば裁判で争うしか道はありません。
現実的には男女間のトラブルの多くの場合は2、の話し合いで解決しています。


不倫・浮気相手に対する慰謝料の請求をお考えの方をノック法務事務所では内容証明作成業務を通じてお手伝いいたします。
・慰謝料はいらないが、浮気をやめさせるために相手方に警告したい
・離婚する気はないけれど相手からとれるだけ慰謝料を取りたい
・離婚を前提として慰謝料を請求したい
等、まずはご自身のお考えをご相談ください。
秘密厳守(行政書士には守秘義務があります)・初回相談は無料です。


§ご依頼の流れ§
1.電話・メール・面談等によるお問い合わせ
 ・依頼者様の悩みや相手方に請求したい内容を具体的にお聞きしていきます。
 ・お電話・メール・FAX・skypeでのご相談の場合、この時点で依頼者様の負担はございません。   
    迷った際はまずご連絡下さい。
2. 慰謝料請求内容証明作成業務の依頼
 ・初回のお問い合わせ後、具体的な費用を見積りのうえご提示します。
  (基本的にはホームページに載せた料金どおりです)。
  当事務所にご依頼いただく場合は依頼者様と業務委任契約書を締結いたします。
  ご依頼者様から料金をご入金を頂き実際の業務へと取り掛かります。
3. 慰謝料請求内容証明の内容の確認、手直し
  ・当事務所で内容の原案を作成しそれを元に依頼者様と打合せをさせて頂きます。
   (事案にもよりますが概ね2日〜5日で原案を作成いたします)
   その際、必要となれば文書の訂正・追加・削除等を行いますがその分の費用は無料
   です。依頼者様がご納得いく内容証明の文面を作り上げていきます。
4. 慰謝料請求内容証明の送達
  ・送達後の控えをクライアント様にお渡しします。
  ・送達後の追加文書作成等についてもご相談に応じます。
  ・文面・内容のチェックのみご依頼の場合は依頼者様自身で内容証明を送達して頂きます。
   なお、その際でも送達後の追加文書作成等のご相談に応じます。



    §慰謝料請求内容証明 料金表§
文面、内容の
チェックのみ
15,000円
文面作成+送達
(文面には行政書士の名前が記載されません)
22,500円
文面作成+送達
(文面に代理人として行政書士の名前が記載されます)
32,500円
      ※文書の枚数が増えても報酬額は変わりません。
      (但し同じ内容での送達先が1件増えるごとに3,500円追加)
      ※送達先等の調査を要する場合は調査件数1件につき別途3,500円
      ※郵送代等の実費込み。

お問合せ専用TEL 0940-72-4096
Copyright © 2008 行政書士ノック法務事務所 All rights reserved.