内容証明/告訴状・告発状/慰謝料請求


行政書士ノック法務事務所


トップページ 内容証明 告訴状・告発状 慰謝料請求 起業・創業 料金表 お問合せ
 

  内容証明


内容証明をあなたの悩みの解決の糸口にしませんか


内容証明を送る


・口で言っても聞かない相手に

・電話ではなかなか連絡を取れない相手に

・直接会いたくない相手に

・証拠をきちんと残したい時に


こんな時には内容証明という手があります。

例えば・・・
・貸したお金を返してほしい
・クーリングオフをしたい
・詐欺じゃないか!→契約を取り消したい
・子供が勝手にやった契約を無かったことにしたい
・不動産トラブル・近隣トラブルに対処したい
・日常生活においてこうむった損害を請求したい
・配偶者の浮気相手に慰謝料を請求したい
・別れた夫が養育費を支払ってくれない
・配偶者が離婚に応じてくれない
・子供に生活の援助を求めたい
・上司のセクハラについて会社に改善を求めたい
・子供のいじめ、暴力を阻止したい
・ストーカー行為をやめさせたい
・辞めた会社に残業代を請求したい

内容証明は依頼者様のこのような悩みを解決するための糸口となり得ます。
しかも、上で掲げたものは内容証明送達事例のほんの一部です。
近年、権利意識の高まりとともに行政書士への内容証明業務の依頼が増えております。
当ノック法務事務所では内容証明業務を事務所の大きな柱の1つとしています。
(行政書士にも専門分野があるため、内容証明を作成したことがない行政書士も多くいます。)

内容証明の文面は依頼者様を取り巻く状況により様々です。
                    当事務所では同じ文面の内容証明を使い回すということはありません。

依頼者様から事案についてもれなく聴取し、吟味し、最大限依頼者様の利益となるよう専門家としての知識と経験を駆使して内容証明の作成を行います。
また、相手の行方が分からなくなっている場合でも一度ご相談ください。元の住所がわかっており、住民票の移転があれば行政書士の職務上の権限で調べることができます。


§内容証明のメリット

・相手にプレッシャーをかけられる
  内容証明を実際に受けた方はほとんどいらっしゃらないでしょう。内容証明は何やら物々しく、ただ事ではない雰囲気で送られてきます。知り合いの弁護士は内容証明が届くとドキリとすると言っていました。法律の最高峰の専門家でも無視はできないとのことです。つまり、これまでこちらの要求を無視していた相手方に対するプレッシャーは相当のものです。しかも行政書士の名前入りだと素人が作ったものではないとわかるので相手方への効果は格段に上がります。

・証拠が残る
  内容証明は送った日付、内容が証明されます。さらに発送の際に「配達証明」をつけることで相手方が受取った日付も証明されます。 ですから、相手方の「そんなものは受取ってない」、「そんな内容は知らない」といった言い訳を防ぐことができます。
また、この事が後に裁判沙汰になった際に証拠となるのです。
(但し、文書の書き方等によっては送った側に不利な証拠となることもあります。)

・時効を一旦ストップできる
  権利は放っておくといつの間にか無くなっていたということがあります(時効)、
内容証明を送ることで権利が無くなりそうな時に期限を一時延長できるケースがあります。(詳細は事案によりますのでお気軽にご相談下さい。)


§内容証明のデメリット

・形式が決められている
  内容証明は1行20字以内、1枚の用紙に26行以内、1枚あたり520文字以内という決まりがあります。
また、使用できる文字にも制限があります。形式を満たさなくては送ることはできません。
(但し、形式させ満たせば内容は自由です。)
また、こちらにとって有利になる証拠を相手に示したいとしても、その証拠を同封することができません。(この場合必要であれば別送します。)

・通常の郵便よりも費用がかさむ
  通常の郵便で出すよりも2,000円ほど割増です。


§ご依頼の流れ§
1.電話・メール・面談等によるお問い合わせ
 ・内容証明を送るに至った経緯等を具体的にお聞きしていきます。
 ・お電話・メール・FAX・skypeでのご相談の場合、この時点で依頼者様の負担はございません。   
    迷った際はまずご連絡下さい。
2. 内容証明作成業務の依頼
 ・初回のお問い合わせ後、具体的な費用を見積りのうえご提示します。
  (基本的にはホームページに載せた料金どおりです)。
  当事務所にご依頼いただく場合は依頼者様と業務委任契約書を締結いたします。
  ご依頼者様から料金をご入金を頂き実際の業務へと取り掛かります。
3. 内容証明の内容の確認、手直し
  ・当事務所で内容の原案を作成しそれを元に依頼者様と打合せをさせて頂きます。
   (事案にもよりますが概ね2日〜5日で原案を作成いたします)
   その際、必要となれば文書の訂正・追加・削除等を行いますがその分の費用は無料
   です。依頼者様がご納得いく内容証明の文面を作り上げていきます。
4. 内容証明の送達
  ・送達後の控えをクライアント様にお渡しします。
  ・送達後の追加文書作成等についてもご相談に応じます。
  ・文面・内容のチェックのみご依頼の場合は依頼者様自身で内容証明を送達して頂きます。
   なお、その際でも送達後の追加文書作成等のご相談に応じます。



    §内容証明 料金表§
文面、内容の
チェックのみ
15,000円
文面作成+送達
(文面には行政書士の名前が記載されません)
22,500円
文面作成+送達
(文面に代理人として行政書士の名前が記載されます)
32,500円
      ※文書の枚数が増えても報酬額は変わりません。
      (但し同じ内容での送達先が1件増えるごとに3,500円追加)
      ※送達先等の調査を要する場合は調査件数1件につき別途3,500円
      ※郵送代等の実費込み。

お問合せ専用TEL 0940-72-4096

Copyright © 2008 行政書士ノック法務事務所 All rights reserved.